×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  INDEX   Career Development  Career Design Progrum  
Career Design
キャリア開発   
キャリアデザイン


カウンセリング理論 4 

特性因子理論 マッチング理論 と 4理論 


   Career Counseling  養成問題 


  
 
練習問題

1問1答式  (重複問題あり)  *暗記トレーニング用に作ってあります。

特性因子理論 マッチング理論

Q職場への不適応など問題状況が起こる原因は人と環境との特性の(    )の不適正さによる。       

                                               マッチング

Q特性因子理論の目的はクライエントに効果的な(       )を教えることであり、

自己評価を重要な社会的基準に関連付けられるよう支援することである』といったのは誰か      

                                意思決定スキル
  ウイリアムソンとビッグス

Q論『特性因子理論と医学的モデルが似た点を3つ上げてください。    

@アセスメント・テスト検査を多く用いる 
Aカウンセラーや
CDAが優勢な立場に立つ 
B体系的な記録、カウンセラーや
CDAの分析に大きく頼っている。












《   総合 4理論   》

Q  ロジャース 無条件の(     )               肯定的尊重
     エリス 無条件の(    )            、   受容

Q 人生は(  )にのみ存在しうるものです。       現在      *ロジャースの理論

学習理論における技法を4つ上げなさい        

                      @系統的脱感作 Aモデリング Bセルフコントロール法 Cガイドイメージ

Qクライアント自身が自己の行動を管理統制する技法は             セルフコントロール法

Qセルフコントロール法3つ     自己モニタリング目標設定意思決定プロセスに従って決定を行なう

Qセルフコントロール法で自己の行動・特性を記録・観察するのは                   自己モニタリング

Qセルフコントロール法で支援したステップがうまくいった時に設定しておくものは          自己報酬

 

Q実験事実に基づく科学的方法論によって構成されているのは                    学習理論

Qクライエントが主導権を持つ                                  ロジャースの理論

Q医学的モデルと似ている                                    特性因子理論








カウンセリング理論 4  特性因子理論 マッチング理論  と4理論  
 Career Counseling  養成問題 
  
 

キャリアカウンセリング・歴史問題1


キャリア開発 キャリアデザイン  」へ