×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  INDEX   Career Development  Career Design Progrum  
Career Design
キャリア開発   
キャリアデザイン


カウンセリング理論 3  学習理論    Career Counseling  養成問題 

  
 
練習問題

1問1答式  (重複問題あり)  *暗記トレーニング用に作ってあります。

《3学習理論》

Qカウンセリングの分野の40年代の主流は、           精神分析アプローチ、


Q カウンセリングの分野の50年代の主流は                       ロジャーズ理論(自己概念の統合)

Qカウンセリングの分野の60年代の主流は                       学習理論

Q過去の経験に基づく先行要因の中の自分がよくやれるには何が重要か        自己効力感(self-efficacy

Q社会的学習理論で人間の行動を決定する要因は                  先行、結果、認知要因

Qオペラント条件付けABCの学習関係をなんと言うか                   行動随伴性(三項随伴性)

Q次回の行動を起こしやすくさせる結果を(    )という         強化 

Q次回の行動を 起こさないようにする結果を(    )という          罰

正  足す 与える     負  減らす 取り上げる

Qほめてあげるは     Q残業を免除する    Qゲームを取り上げる   正の強化、負の強化、負の罰

Q叱る     Q見ているテレビを消してします         正の罰、   負の罰

Qガムをかむ行動を強化することにより、タバコをすう行動を低下させること         他反応分化強化

Q何もせず強化も罰も与えない場合                            消去

Q同時にはできない別の行動を強化して、望ましくない行動を低下させる           他反応分化強化

Q先行条件が類似していると同じ反応をすることを                     刺激般化

Q学習の3つのタイプ                   レスポンデント条件付け、オペラント条件付け、観察学習               

Q他の人々が望ましい行動を取っている様子をクライエントに観察させる       モデリング観察学習

Qモデリング観察学習の社会的学習理論家は                    バンデュラ(1977

Qモデルの行動に注目し、正確に知覚する過程                   注意過程

Qモデリングした行動が強化されれば継続され、消去や罰を受けた場合は減少する   動機付け過程

Qモデルの行動と自分の行動にずれが生じた場合修正する過程は           運動再生過程

Q恐ろしい出来事をいくつかステップに分けて、リラックスして不安になることなく全プロセスをイメージする   系統的脱感作

Qそのモデルがいなくても同様の行動ができるように記憶する過程は         保持過程

Q新たな集団に入って、模倣したことがうまくいった経験を何度もするとまた新たな集団に入っても成功する   般化模倣

Q恐ろしいと思う行動をリラックスした状態で学習する(リラックスと緊張)     @系統的脱感作

Q正の結果を想像する  営業が成功する 想像の範囲を増やす           Cガイドイメージ

QCL自身が自己の行動を意図的に管理統制する                   Bセルフコントロール法

Qモデリングは誰の何理論                            バンデュラ 社会的学習理論

Q中性刺激と無条件刺激の対呈示によって起こる学習は               レスポンデント条件づけ

Qレスポンデント条件付けはロシアの生理学者(    )によって唱えられた。   パブロフ

Q最初は引き起こさなかった視覚刺激(例 梅干し)                中性刺激

Q唾液分泌を無条件に引き起こす梅干の味(刺激)は                無条件刺激

Q酸っぱい味によって無条件に引き起こされる唾液分泌を              無条件反射

Q2度目の梅干を見た刺激は                           条件刺激

Q2度目のその反応は                              条件反射

Q白衣を見ただけで泣く子が、白いぬいぐるみを見ただけで泣くのは         刺激般化

Q60年代からは                                学習理論

Q過去の経験に基づく先行要因の中の自分がよくやれるには何が重要か        自己効力感(self-efficacy

Q社会的学習理論で人間の行動を決定する要因は                  先行、結果、認知要因

Qオペラント条件付けABCの学習関係をなんと言うか                   行動随伴性(三項随伴性)










Qで 次回の行動を起こしやすくさせる結果を         強化 

Q         で       起こさないようにする結果を         罰

Qほめてあげるは     Q残業を免除する    Qゲームを取り上げる   正の強化、負の強化、負の罰

Q叱る     Q見ているテレビを消してします         正の罰、   負の罰

正  足す 与える     負  減らす 取り上げる

Qガムをかむ行動を強化することにより、タバコをすう行動を低下させること         他反応分化強化

Q何もせず強化も罰も与えない場合                            消去

Q同時にはできない別の行動を強化して、望ましくない行動を低下させる           他反応分化強化

Q先行条件が類似していると同じ反応をすることを                     刺激般化

Q学習の3つのタイプ                   レスポンデント条件付け、オペラント条件付け、観察学習               

Q他の人々が望ましい行動を取っている様子をクライエントに観察させる       Aモデリング観察学習

Qモデリング観察学習の社会的学習理論家は                    バンデュラ(1977

Qモデルの行動に注目し、正確に知覚する過程                   注意過程

Qモデリングした行動が強化されれば継続され、消去や罰を受けた場合は減少する   動機付け過程

Qモデルの行動と自分の行動にずれが生じた場合修正する過程は           運動再生過程

Q恐ろしい出来事をいくつかステップに分けて、リラックスして不安になることなく全プロセスをイメージする   系統的脱感作

Qそのモデルがいなくても同様の行動ができるように記憶する過程は         保持過程

Q新たな集団に入って、模倣したことがうまくいった経験を何度もするとまた新たな集団に入っても成功する   般化模倣

Q恐ろしいと思う行動をリラックスした状態で学習する(リラックスと緊張)     @系統的脱感作

Q正の結果を想像する  営業が成功する 想像の範囲を増やす           Cガイドイメージ

QCL自身が自己の行動を意図的に管理統制する                   Bセルフコントロール法

Qモデリングは誰の何理論                            バンデュラ 社会的学習理論

Q中性刺激と無条件刺激の対呈示によって起こる学習は               レスポンデント条件づけ

Qレスポンデント条件付けはロシアの生理学者(    )によって唱えられた。   パブロフ

Q最初は引き起こさなかった視覚刺激の梅干は                   中性刺激

Q唾液分泌を無条件に引き起こす梅干の味(刺激)は                無条件刺激

Q酸っぱい味によって無条件に引き起こされる唾液分泌を              無条件反射

Q2度目の梅干を見た刺激は                           条件刺激

Q2度目のその反応は                              条件反射

Q白衣を見ただけで泣く子が、白いぬいぐるみを見ただけで泣くのは         刺激般化







カウンセリング理論 3  学習理論    
 Career Counseling  養成問題 
  
 



キャリアカウンセリング・歴史問題1


キャリア開発 キャリアデザイン  」へ